コントロールカラーで肌の悩み解消

メイク上手はコントロールカラーを使いこなしている!

0103

コントロールカラーを知ってましたか?
ファンデーションでもなかなか隠れない「くすみ」「赤み」「くま」などは下地にコントロールカラーを使うときれいに仕上がります。
メイクの時、鏡を見ながらため息をつきたくなることありませんか。自分の肌をじーっと見てください。「寝不足でクマができている!」「部分的に赤みがある!」「残業続きで疲れすぎ-顔色がさえない」など、ひとそれぞれ毎日肌は変化しています。下地にコントロールカラーを使うだけで肌のトーンが面白いように変わります。

 

スポンサードリンク


 

簡単に言えば、コントロールカラーは肌の色を調整する魔法の化粧下地です。ファンデーションをつける前に、気になるところに使うだけで、きめ細かい美肌美人にメイクが完成します。


ikkoさんが絶賛していたジバンシイ アクティマイン
ジバンシイ アクティマイン

コントロールカラーで肌の色をコントロール

コントロールカラーの色の効果
0026
イエロー くすみをおさえ明るい肌・色ムラの補正
ピンク 血色よく健康的に
グリーン 赤みを抑える・ニキビの赤みを抑える
オレンジ くすみ・目の下のクマ隠し
ブルー くすみ解消・肌に透明感
パープル くすみ解消・肌に透明感

コントロールカラーの色の選び方

よりナチュラルに仕上げるためにも、自分の本来の肌の色がイエローベースなのか、それともブルーベースなのかをまず知っておきましょう。
イエローベース、ブルーベースの調べ方は検索するとたくさん出てきますが、
手っ取り早い調べ方は、
ベージュか白い布を顔の下に当てて顔うつりを見て下さい。顔うつりが良く見えるのはどちらの色ですか?
イエローベースの人はベージュがよく似合いますが、ブルーベースの人は顔うつりが悪くなる人が多いはずです。ブルーベースの人にとってベージュは苦手な色です。逆に、白はブルーベースの人の顔うつりを良くみせますが、イエローベースの人は顔がくすんで見えたりします。
好きな色と似合う色は違います。自分のパーソナルカラーを知っておくとメイクも楽しいですね。
似合わない色をもってくると、老けて見られるだけじゃなく、疲れ顔・不健康・くすみ・シミ・シワも目立ったりします。

同じ「赤ら顔」で悩んでいる人でも肌の地の色が違ったり、赤みの度合いも違います。
ご自分のベースカラーで微妙に下地の色との相性が変わってくるので、色選びは大事な作業です。自分の肌色によく合ったカラーを選びましょう。

グリーンは赤みを抑えます


「赤み」を抑えるグリーンのコントロールカラーを使うときは、要注意です。
決して、大量に顔全体にぺったり塗ったりしないで下さい。大量に塗り過ぎると顔色が悪くなって病気顔になってしまいます。赤みがあまり強くないような時は「グリーン」より「イエロー」をおすすめします。

クマにはオレンジ系のコントロールカラー


ケサランパサラン ジャストアズマジック アンダートーンライトアップ

目の下のクマなどにはオレンジ系や黄色のコントロールカラーを使います。
くすみ・クマ・赤みなどの気になるところに指でのせていきます。(ブルー系は逆効果)

<部分用ファンデーション>アユーラ ウェルバランス ゼロクリアカラーズ

ブルー、パープルで透明感のある肌に

肌に透明感が欲しい方は、ブルー系・パープル系

クリエ ヴェリタス コントロールベース パシュミナ #091

コーセー インフィニティコントロールカラー001 ラベンダーパープル
 

ピンクのコントロールカラーで健康的な肌に

ピンクは、色白で血色がない方・血色が欲しい・肌が青白い・肌に血の気がない・顔色が悪く見られやすいという方におススメです。

RMK コントロールカラー UV 【02 Pink/ピンク】

イエローはくすみをおさえ明るい肌にしてくれる

イエローはイエローベースの方におススメです。色ムラを補正し、くすみをおさえてくれます。
黄色よりのくすみ・シミ・そばかす・クマの方にもおススメです。

ハウスオブローゼ ナチュラル フィニッシュ フルデュアルベースカラー コントロール イエロー