弱酸性の洗顔石けんよりアルカリ性固形洗顔石けんを選んだ方がいい理由

美男美女

心も体も健康で元気に暮らす!きれいになる秘密を追及しています。

毛穴・洗顔・石けん

弱酸性の洗顔石けんよりアルカリ性固形洗顔石けんを選んだ方がいい理由

投稿日:2015年5月3日

アルカリ性と弱酸性の洗顔石鹸どちらを選ぶ?

弱酸性の洗顔石けんよりアルカリ性固形洗顔石けんの方が汚れを落とす力があるのをご存じですか?
洗顔石鹸を選ぶ時、迷ってしまいますね。弱アルカリ性の固形洗顔石鹸を皮膚科の医師も薦めています。美肌は洗顔石鹸選びから!洗顔石鹸の種類を正しく理解して自分の肌の状態に適した洗顔石鹸を選びましょう。

スポンサーリンク

美肌になりたかったら、弱アルカリ性の固形洗顔石けんを選ぶべし!!

人の肌は弱酸性ということは周知のことですが、弱酸性の洗顔石鹸を使った方がいいのでしょうか?
CMでは、弱酸性の洗顔料がすばらしいものだと宣伝しています。
ほんとに鵜呑みにしていいんでしょうか?

pack

この弱酸性には落とし穴があるんです。
弱酸性の洗顔料は刺激もありませんが洗浄力もあまりないんです。
弱酸性の洗顔料と使うと「つっぱり」は感じられず「しっとり」していると思います。
これはしっとり感を残すために、余分な油分や合成化学物質成分である合成界面活性剤が配合されているからです。界面活性剤は皮膚に浸透してしまいますよ!!
肌に優しくはないのです。
界面活性剤を肌に受け続けると、しみ・シワ・肌のダメージになります。

弱アルカリ性洗顔石けんは、なぜ洗浄力が強いの?

アルカリ性には「タンパク質を溶かす」と言う特性があります。
弱アルカリ性の固形洗顔石鹸には皮膚の角質層を柔らかくして分泌物を乳化する作用があるために、毛穴に詰まった角栓や汚れを取り除きます。それで弱アルカリ性洗顔石鹸で顔を洗うと肌がすべすべになるんです。
長年、使い続けるものですし、お肌に害のないものを使って欲しいと思います。汚れをしっかり落とすという意味でも弱アルカリ性の石鹸洗顔をおススメします。無添加の物もたくさん出ています。

スポンサーリンク




弱酸性と表記されていたら無添加ではない!

弱酸性の洗顔石けんには、泡立ちをよくしたり、しっとり感を出すために、合成界面活性剤が配合されています。基本的に無添加では、作れないのです。
固形石けんにも様々な添加物が含まれているものがたくさんあります。
一番お勧めなのは、無添加・無香料の石鹸を使う事です。
成分表をよくご覧になって下さい。

酸性とアルカリ性の度合

酸性とアルカリ性の度合を0~14までの数字で示したものがpH値です。健康な皮膚のpHは4.5~6.0の弱酸性です。
0009
ph8以上がアルカリ性ですが、上の表でもわかるように、ph11以上の強アルカリ性は強すぎて石けんには向きません。
弱アルカリ性のものを選ぶ理由がわかりますネ。

弱アルカリ性洗顔石けん・洗顔後

弱アルカリ性の石けんで洗顔した後は、個人差もありますが、肌に「つっぱり」を感じます。これは毛穴などの汚れがしっかり洗浄できている証拠なのです。決して乾燥したからではありません。 洗顔後は一時的に肌がアルカリ性に傾きますが、自分の肌から分泌される皮脂や化粧水をつけるという行為で本来の弱酸性に戻ります。(化粧水は弱酸性です。)

弱アルカリ性洗顔石鹸・向かない人

0010
下記の肌質の人は使用する際、要注意!
・皮脂の少ない超乾燥肌の方(元々肌がアルカリ性に傾いてるので逆効果)
・超敏感肌の方(弱アルカリ性の石鹸だと刺激が強すぎる場合があります。)

スポンサーリンク


 

-毛穴・洗顔・石けん

関連記事

no image

「二十年ほいっぷ」はくすみ肌を改善する石けん

ネットで洗顔せっけんを探すと、「どろあわわ」「二十年ほいっぷ」「使ってみんしゃいよか石けん」が検索上位にきます。それぞれに特徴がありますが、私は「二十年ほいっぷ」がおすすめです。理由としては、「どろあ …

no image

洗顔石鹸の種類・選び方

洗顔石鹸の種類は固形石けんと液体や乳液状の石けん 洗顔石けんの種類は大きく二つに分けられます。固形タイプの洗顔石鹸と 容器に入ったもの(クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、練りタイプなど)です …

no image

正しい洗顔方法2-冷水で顔を洗うのがシミ・シワの原因!?

洗顔はぬるま湯で 以前、正しい洗顔について書きましたが、補足です。 昨日7月27日放送の「世にも不思議なランキングなんで?なんで?なんで?」は、 シミ・シワを招く危険なことランキング 1位 朝のフルー …

no image

クレンジングで美肌に!

自分の肌質に合ったクレンジング剤で美肌に! クレンジング剤は肌質に合ったものを選ぶ!!! 間違ったクレンジングがシミ・しわの原因になることも・・ クレンジングの前に蒸しタオルを使うとさらに効果的です。 …

no image

弱酸性の洗顔料

おススメ弱酸性の洗顔料 ヒトの肌は弱酸性なので、この弱酸性の洗顔料は肌に優しいと言われています。 アルカリ性の洗顔石鹸では刺激が強い人、乾燥肌、敏感肌の方におすすめです。洗浄力はアルカリ性のものよりは …

にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

スポンサーリンク